本当にモテる!そんなフェロモン香水だけを教えちゃいます

HOME » フェロモン香水の効果を引き出す知識 » フェロモン香水の効果的なつけ方

フェロモン香水の効果的なつけ方

「フェロモン香水を使ってみたものの、効果がない!」という、フェロモン香水初心者(男性・女性共に)へ。

ここでは、フェロモン香水の効果を最大限に発揮するポイントをレクチャーしていきます。
これを勉強したら、あなたもフェロモン香水マスター!

フェロモン香水、体のどこにつければ…?

まずつける場所についてレッスンしていきます。

一般的には血管の流れ、脈がある部分につけると効果的だと言われています。具体的には、以下(▼)の通りです。

  • 「耳の後ろ」:意外にも体温が高い部位。香りが引き立ちやすい。アピールしたい相手がいる場合には少量でいいからつけてみて!
  • 「足首」:鼻からは遠い部分だけど、さりげなく香るのが好印象を与えます。シーンによっては効果大!
  • 「手首」:当たり前ですよね?脈の部分につけることで、香りを効果的にアピールすることができます。けど、長袖のシャツを着ている時などは服につかないように。シミがついちゃうから…。
  • 「ウエスト」:体温が高いところで、服のあいだから柔らかく香るのことで爽やかな印象を与えることができます!

その他にも、肩や髪の毛に、ほんの少しつけると女性には効果的。

ただ、注意しなきゃいけないのが、「服につけること」
服が痛んでしまって、香りも直接的すぎて逆に嫌われちゃいます。

フェロモン香水の香りのパターン

続いては、香りの変化する時間帯を解説していきます。フェロモン香水の効果は約8時間程度と言われています。その中で、香りは3種類のパターンに変化しちゃいます。

最初は、トップノートと呼ばれるもの。つけてから、約1時間くらいの間です。
香りはかなり強めだから、電車やバスなどの狭い空間では、くれぐれもつけないように。周りの迷惑になってしまうから。

次は、ミドルノート。昼食後あたりね。
食事をすると体温が上がって、血流も活性化されて、それに伴い、香りも全体的にほのかに香りが行き渡ります。

最後のタイミングは、ラストノートと呼ばれるものです。
時間的には、仕事や学校終わりになります。
かすかにしか香らないけど、さりげなさを演出するんだったら、最適なタイミングですね。

ここぞという時には、パッと使いたい時ってありますよね?
だから、選ぶ香水は持ち運びの面や大きさにも気を配るようにして下さい。

 
人気フェロモン香水を徹底比較