本当にモテる!そんなフェロモン香水だけを教えちゃいます

HOME » コロンと香水の違いは?

コロンと香水の違いは?

自分の好きな香りを購入するときに、同じ商品でも香水とコロンの表記で価格も違い、別なものとして販売されていることに気付いていましたか?

どちらを買えばいいのか、どう違うのかをきちんと理解して購入している人は実は少ないのかもしれませんね。

コロンと香水は、とてもよく似ています。では何が違うのでしょう。名前を変えていることのも理由があります。

実は、コロンや香水などはその濃度や香りの持続時間によって名称が違うのです。

段階で分けてみると

  • 香水(パフューム)
  • オーデ・パフューム
  • トワレ
  • コロン

となります。これは、含まれている香り成分の濃度や強さ、香りがどれくらい長続きするかによって区別されています。コロンは最も濃度が薄く香りの持続時間も1時間程度と比較的短めです。

1番上の香水(パフューム)は、濃度も濃く香りの持続時間も半日程度長続きします。もちろん濃度が濃く持続時間が長いほど、価格も高くなるのが一般的。

そういう意味では、コロンは手軽に楽しむもの、パフュームは結婚式など特別な席で使うものと考えればいいでしょう。

つまり、それぞれのシーンに合わせて選べるよう、このような段階に合わせた名前付けをしています。場所を選び用途を選んでコロンや香水を選ぶのが上手な選び方といえます。

 
人気フェロモン香水を徹底比較